• Takuma

アーティストとは?

映画監督・artistの拓馬です

今回はアーティストとは?について話たいと思う

アーティストとは色々ある。 例えば メイクアップアーティスト ミュージックアーティスト などなど 多くのアーティストのカテゴリーを耳にすると思う。

アーティストとは芸術家 作品を創作・創造し、表現する人に尽きる。 芸術作品を作ったり、音楽の演奏などを行う芸術家のことである。

じゃあちまたでよく聞くクリエイターと何が違うのか? クリエイターとアーティストは全く違う。

クリエイターとは 創造者、造物主、創設者という意味もある キリスト教では、神のことを「創造主」「the Creator」と呼ぶことがある。 その為、アーティストの中には創作活動も自身で行い、芸術表現も自分で行う、クリエーターでありアーティストでもあるともいえる クリエイターは自分のスキルを使って、他人の作品を作る アーティストは自分が作りたいものを作る。 簡単に言うとこう言うことだ。

違いがわかっていない人がすごく多い。 この違いを意識していない人が多いのが原因だと思う

その結果、中途半端な作品を制作して、よくわからなくなってしまう。

クリエイターは自分の技術を売ればいい。何が作りたいかではない。

例えばディレクターであれば技術と演出力を活かして 映像をディレクションしてあげればいい

文章力を活かして文章を書いてあげればいい

音楽技術を活かしてBGMを作ってあげる

要は、作りたいものではなく他人が作りたいものを、クリエイションするのがクリエイターだ。

アーティストは違う。 他人がどうかに関わらず、自分の作りたいものを作る。

自分が撮りたいものを撮る 自分が書きたい文章を書く 自分が作りたい音楽を作る

売れようが、売れなかろうがニーズがなかろうが 自分が作りたいものを作り続けていれば ファンがつき、やりたいことをやれるようになる。

アーティストは 99%に伝わらなくても、自分の世界観を優先して行くべきだと思う。

閲覧数:2回0件のコメント